能楽堂ホール テンジン9

WEB予約 施設予約

新着情報

2021年08月18日

シンポジウム 近代岡山の偉人伝 殖産に挑んだ人々 「第8回 特産王国を夢見た人々」 参加募集のご案内

シンポジウム「近代岡山の偉人伝 殖産に挑んだ人々」
第8回 特産王国を夢見た人々

明治政府は欧米列強に伍するため、「富国強兵」をスローガンに産業を興し育成する政策をとった。岡山でも先人たちが殖産興業に挑み、日本の近代化をけん引してきた。
シンポジウム「近代岡山の偉人伝 殖産に挑んだ人々」は、わずか半世紀で近代化を成し遂げた日本の、その推進役となった岡山ゆかりの先人の足跡を辿り、その理念や功績、継承すべき文化を新たな研究成果とともに討論・紹介するもの。
第8回は「特産王国を夢見た人々」。
たたら製鉄を発展させる一方、新ビジネスとして千屋牛を作出した太田辰五郎と、ガラス温室を建設してマスカット栽培に成功した山内善男、大森熊太郎を取り上げる。

シリーズ・シンポジウム
近代岡山の偉人伝 殖産に挑んだ人々

<第8回>
特産王国を夢見た人々
日時: 令和3年10月21日(木)
[開場]午後1時30分 [開演]午後2時~
場所: 能楽堂ホールtenjin9(テンジンナイン)
RSKイノベイティブ・メディアセンター(RSK新館=岡山市北区天神町)
入場料: 1,000円(資料代含む)

*募集人員 80人
・新型コロナウイルスの感染状況によって人数は前後する可能性があります。
・応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
*参加はFAX、ハガキ、e-Mailでお申し込みください。
・〆切は 令和3年9月30日(木)必着
・応募の際には開催日又はタイトルを必ずご記入ください。
*シンポジウム及び入場時に感染防止対応を実施しています。
(一例)
・来場者のマスクの義務化(各自ご持参ください)
・37.5度以上の熱のある方、喉などに違和感のある方は入館を禁止(同居家族を含む)
・2週間以内の海外渡航歴及び風邪などの発熱や味覚障害等の症状があった方の入館を禁止(同居家族を含む)
・感染拡大エリアからの入館者の禁止
・飲食物の持ち込み、及び会場内での飲食禁止
・混雑時には入館制限を実施する場合があります。
・入場時に体温チェック、アルコール消毒、問診票の記入をお願いします。
*上記の禁止事項や運営スタッフの指示に従わない場合、入場をお断りします。
*その他詳しくは、参加可否通知書に記載します。

トップに戻る